こんな集団です!

OCC AND ITS ORIGIN

昭和41年10月、沖縄で初めての「コンピュータ」専門企業として誕生。
スタッフの数、僅か16名・・・。

今や西日本最大手のコンピュータ・プロフェッショナル集団に成長しました。

 

琉球政府時代、本土復帰、沖縄海洋博をはじめ 沖縄の世変わりには、すべてOCCが係わりをもちました。

 

通産大臣表彰「情報化貢献企業」、北那覇税務署「優良申告法人」、通産省認定「安全対策事業 所」、通産省届出「システム・インテグレータ」、社会保険庁長官賞をはじめ多くの表彰や感謝状がOCCのこれまでを物語っています。

こうした数々の実績が 信頼を生み、この信頼が確かな未来を約束します。

OCC AND ITS MISSION

OCCの使命は「コンピュータ」を暮らしの中にお届けすることによって地域社会の情報化に貢献することです。

 

このためOCCは常に新しい技術の修得に努め、研究に励み、どんな小さな仕事にも全力を尽くします。

つまり、OCCとは高性能な冷たい「コンピュータ」に優れた「ソフト」を組み込み、温かい「ハート」を添えて、

地域社会の問題解決のお手伝いをしているプロフェッショナル集団です。

OCC AND ITS PHILOSOPHY

OCCは自分の幸福を求め、自分のために働く集団です。

 

「てぇげぇー主義」は好まれません。

 

でも、自らに厳しく努力すれば必ず何時かは報われるものだと信じています。

そしてこのたゆまぬ努力こそ、働く人びとが「人」として大きく成長する原動力であり、個人の成長が、集団の成長発展の鍵だと信じています。

OCC AND ITS PERSONNEL

「企業は人なり」・・・人の良し悪しがその企業の運命を左右します。

 

とくに「コンピュータ」を活かすには、高度な知識や技術もさることながら、人間社会の円満な常識が大切なのです。

いや、何にも増してして扱う人の「こころ」が最も大切だと信じます。

 

ここにOCCが、創立以来、常に人の育成、そして教育訓練に全力をあげ、「人」づくり「こころ」づくりに真剣に取りくむ理由があるのです。

OCC AND ITS DEVELOPMENT

人は職業を通じて成長します。人こそ財産。だからOCCは「人」づくりに投資を惜しみません。

 

激変する社会では、継続的な「能力開発」が最も大切です。

 

初級・中級社員・管理職への一般教養訓練や専門教育など、体系的教育システムを通じて、常に社員の「働く姿勢」の確立と、知識、技術、の習得に力を入れています。

そして、種々の体験、出会いを大切にしながら、「自己啓発」活動こそ、「自己完成」の鍵だと信じて行動する集団です。

OCC教育体系

私たちは事業の展開にあたり「人」こそ企業の成長発展の要だと信じています。仕事の成果は専門技術の有無もさることながら「働く意識・態度・そして広い教養」そのような事柄の確立こそ必要な要素であると信じて人財育成には特に力を入れています。 OCCでは”じんざい”の”ざい”を材料の”材”ではなく、財産の”財”と書きます。OCCの人財開発体系は次の3つから成り立っています。

【自己啓発】
人生を生きていく上では生涯学習の繰り返しです。また人は職業を通して成長するともいわれております。社員が自ら学びたいと思ったとき、そのための職場環境は会社として積極的に提供していきます。

【階層別専門教育】
新入社員研修から始まり、初級社員、中級社員、管理職とそれぞれの階層において技術教育はもとより、能力開発研修といった教育訓練を企画実施しています。

【心身健康維持増進活動】
精神的にも、肉体的にも健康で、自己管理をすることによって良い仕事をしていくものです。その為に社内環境の整備に力を注ぎます。

 

zu.gif